お客様の声


コメント: 1
  • #1

    JemLeather (金曜日, 25 9月 2020 22:02)

    いつもお世話になっています。JemLeatherこと、中川工房です。

    少し質問なのですが、インポートレザーなどは関税が非常に高いとお聞きしています。ですが、最近だとEUとの間で来年にはイギリスとの間で輸入関税等に関する変更があり、ほとんどの商品の関税が低くなるもしくはゼロになると言われています。

    そうなると今後インポートレザーなどは(伊藤登商店様だとJベイカーの物など)価格が下がる可能性があるのでしょうか?また下がるとしたらどれぐらい下がる可能性があるでしょうか?また原皮などの値段が下がるなどによって国内タンナーさんの方にも影響などはあるでしょうか。

    それと余談ですがメールにあった漉き加工所の後継問題は将来的なことを考えると私たちも悩ましい問題です。私もネットで革を購入することになると実物を見ずに漉き加工を依頼することになるので、場合によっては「厚みを○○㎜にしとけばよかった」と後悔することもあります。

    しかし、近くに漉き依頼できるところが無かったので何とかやっていたのですが、最近になって見つけたそれなりに近い加工所で個人にも漉き加工を受けていただけるようになったので、ネットの物も実物を見てから厚みを決めて漉いてもらっています。多分twitterの写真にあった加工所ではないと思うのですが…(部屋の感じが違うかな?)

    そこは息子さんが跡を継ぐ予定で働いておられ、色々と精力的に動かれているので、そういう意味では自分の地方は恵まれた環境かもしれません。実際色々と融通を聞かせていただけたり、漉き加工費がお値打ちだったりでとてつもなく助かっています。(愛知県あま市の松本皮革さんというところなのですが漉きだけでなく染色やパーツ製作などもしておられるようです。今度染色も依頼していようかと思っています)

    twitterを見ると数少ない加工所の様なので、このつながりを大切にしていきたいものです。少し余談が長いですが、関税に影響される革価格の今後の予想を教えていただけると助かります。