通販あるある?!商品画像のとてもとても悩ましい色味について

「画像で見た商品と届いた商品の色が違うんですけど!!!」

というお怒りを頂きつつ、商品を送り間違えたわけではないことをお伝えすると、

ほぼ、次に言われることが

「今後、出品する際には、現物と色味を近づけた画像で出品してよね」

と。

違う、違う、、そおじゃ、そおじゃなあい…

 

この問題。どのようにお伝えすれば理解してもらえるのだろう…

ということで、今回のテーマ

 

『とても』ではなく、あえて『とてもとても』悩ましい色味について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通販で商品を購入することも、また、商品を販売することも

簡単お手軽になっている昨今ですが、

商品の色味 のことで悩やまされたことはありませんか?

 

弊社がヤフオクストアに出品している商品説明ページの

画像に関するご注意点※必読)

 

という項目でも説明させて頂いているコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〈画像に関するご注意点〉

『1メートルものさし』を革の上に乗せて撮影しております

★画像は手前は大きく見え、奥に行くほど小さく見える、錯覚=※遠近法 にご留意ください。

色の出方を弊社PCのモニタ(EIZO社)画面と現物とで確認しながら撮影しておりますが

別のモニタで映し出される色味は同社のモニタでも若干ズレが出ますし、

別会社のモニタでは更に色味が違う場合があります。

モニタの違いに加え、革を照らす明かり(自然光・電球色・白色電灯など)により色味が異なってまいります。

特にネイビー系やオレンジ・キャメル系の色味は明かりによる色変化が顕著です。

微妙な色の場合は以下のように『色の名前事典(主婦の友社)』を参照しております。


『色の名前事典(主婦の友社)』

革の場所によって色味も変わり、事典にある色味(色名)を探す作業は時間がかかります…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮影する際には、弊社PCのモニタ(EIZO社)画面と現物と色味が近くなるようにカメラの設定をし、

「うん、色味に間違いないよね」と確認の上で出品しております。

しかし、お客様が商品(現物)を手にした際に「あれ?色味が違うんじゃない?」となる問題。

これは撮影する際の問題なのだろうか???

 ここで、「それな~」という声が聞こえてきそうです…

  

説明文では画像を写し出すモニタと表記をしておりますが、ピンと来ないようですので、端末という言葉に変えてみましょう。

 

 画像を映し出している端末

【PC端末】

【タブレット端末】

【スマートフォン端末】

さらには【印刷された画像】

で見比べてみると、ビックリするほど色味が異なってしまう場合があります。

 

ちなみに、以下の画像は、同じ商品画像を異なる端末で表示させて並べて撮影したものです。

 

 

【タブレット端末】画像左側 / 【PC端末】画像右側

左側のタブレット端末では、おうど色 に見えますが、右側のPC端末では 赤茶色 に見えています。

 

 

そして、説明文にも記載しておりますが、

特にネイビー系やオレンジ・キャメル系の色味は、明かりによる色変化も顕著のため

革を照らす明かり(自然光・電球色・白色電灯など)が違うと、色味も大きく違ってしまうのです。

  

ちなみに、以下の画像は、同じ商品(バケッタブラウン)を異なる照明下で撮影したものです。

 

【電球色】 / 【白色電灯】

あっれ~?もっと顕著に違うはずが、それほど色味違わな…?

 

よく見ると赤味が違うよね、と感じて頂けますでしょうか…

 いや、バケブラでの色味の違いはイマイチでしたが

下敷きにしているカッティングシート(ややグレー)で色味の違いがお分かりいただけただろうか?

 

 

スミマセン…結局、まとまりのない文章になってしまいましたが、

 

お手軽に利用できる通販での商品購入時は、
 
画像で見ていた色味と届いた商品の色味が違うことがあるけど、
ある程度は仕方のない現象なのね
 
 ということをご理解いただけましたら幸いです。